コロナで開催が危ぶまれていたのですが、行けました!
メガネをかけておられました。写真やテレビではメガネかけてないので初めて。

FullSizeRender

j

内容は著書やテレビで知っているので新しい事はなかったけれど、生で聴くと小さなエピソードが心に残ります。


  • 運がいい悪いはない、理由、原因がある
  • 意識が大切、無意識でしているものはまばたきと呼吸→呼吸は整えられる
  • コロナにかかる、かからない免疫力が重要→腸が重要
  • 自律神経、人は天気など簡単に乱れる、
  • 質のいい血液、血流をよくする
  • 時間遺伝子スイッチオン→朝食は起床後1時間半以内に旅館の朝食のようにしっかりとる
  • お風呂、39度から40度、首まで浸かるのは水圧が強すぎるので半身浴がいい

などです。


著書にも3行日記のすすめは何度も書かれていますが


「良かったこと、悪かったこと、明日の目標の3つを日記に書きましょうと言っていますが、

年齢が高い人は明日の目標の代わりに2日前の夕飯を書きましょう」


という話がありました。

認知症予防です。

2日前の夕飯が作っておきながら思い出せなかった自分にガッカリ。


最後に、

「2週間おかしかったら病院にいくこと、健康診断に行くこと。

これを心にとめてもらえたら、今日来たかいがあります」というようなことをおっしゃっていました。


コロナで病院にいくのを控えることがかえって命取りにつながる、ということもあります。

心配するだけで自律神経乱れ、より体調不良になります。

診断されるの怖いですが、最終的になんらかの診断はつくもの。

早期発見、早期治療です。