骨盤底筋!ヨガ&ペルヴィス   フローライトボディ

     効果的な骨盤底筋トレーニングが素敵な未来を連れてくる!やりたいことができる体、なりたい自分になるための大人のたしなみ。        骨盤底筋トレーニングヨガ認定講師、ペルヴィス®︎認定講師がお届けする心地よい毎日を過ごすための、健康・美容情報

シークレットな美人筋。それは骨盤底筋
三重県 鈴鹿市・津市・亀山市・四日市市でレッスン開催中

くわしい定期レッスン情報は公式サイト「flb35.com」に掲載しています。
下記リンクよりご確認ください。



2017/11

今日はちょっと長文。
料理についてです。

ことの始まりは煮豚でした。

いつもは圧力鍋で圧力がかかってから15分とか煮ていたのですが
ふと思って、

圧がかってから1分➡︎圧が抜ける しばらく放置

これを3回くりかえしました。

そうしたらトッロトロ、箸で切れる煮豚になっていました。

その後何回か繰り返してそれなりに柔らかい煮豚にはなっているのですが
なにせ最初適当にやったので、同じようにはならず。
低温でじっくり煮た感じになったのがよかったのでしょう。

ここで学んだのは、温度の大切さです。
知っていました。でも甘くみていました。

次に温度で味が変わる体験をしたのはヨーグルト。
我が家にはヨーグルトメーカーはなく今までヨーグルト発酵用電気マット?みたいなのを使っていました。
ふと思って、ホームベーカリーの発酵機能でヨーグルトを作ってみたらなめらか〜

さらに鶏ハムを作るのに、自動メニューボタンはやめて
いつもよりちょっと低めの温度でつくったらしっとり〜

もうこれはハマりそうです。
実験が好きです。
そしてこの調理器具が欲しい!
自動調理というより低温調理が目当て。
以前も欲しいなと思ったけど、代用できないか?とか場所がないとか考えて保留。
洗濯機を買いに行った時値下がりしていたのでますます欲しい!





新しい洗濯機は音が静かです。
私は縦型派。キレイに大事に使います。


本来もち麦に季節は関係ないかもしれません。
でも私は寒くなってくると、よく食べます。
寒くなると温かい汁ものがほしいからです。

 












近所のスーパーに売っていたもの。

ゆでるのは面倒なので
時間がある時はもっぱらスープジャーで調理。















朝、もち麦と熱湯をスープジャーに入れます。














お昼にはこんなに膨らみます。















今日は子供のラーメンの汁と具をちょっともらって雑炊風に。




水溶性食物繊維が豊富だそうです。
お米に混ぜて炊いてもいいけど、少し水を多めにしたほうがいいです。
吸水時間が短いともち麦がかたいです(家族からクレーム経験アリ)。

どこでレッスンしていますか?と聞かれます。
でも遠かったり、時間が合わないなあ〜という時は
私が行きます!

今までも

ご自宅のお部屋で
塾の一室で
どこかの事務所で
ママと赤ちゃんのサークルの場で
YOSAのサロンで
公民館で
学校で

他にもあったと思うけど‥。

基本、人数分のヨガマットがひけるスペースがあればOKです。

レッスン料金の例

プライベート→4000円プラス会場使用料
二人→お一人様2000円プラス会場使用料
三人→お一人様1500円プラス会場使用料

六人以上→お一人様1000円プラス会場使用料


ご自宅など無料で使用できる部屋があれば会場使用料分お安くなります。
場所がないなあという方は、私も探しますのでお気軽にご相談くださいね。


寒くなってきて足が冷えるという人もおおいのでは。

そんな時オススメは足湯。

洗面器ぐらいの入れ物に、
くるぶしがかくれるぐらい
通常のお風呂の湯温より
少し高めぐらいの湯を入れます。












(画像はお借りしたものです)

できれば差し湯をしながら、
一定の温度保てるようにして6分

足をだして左右を比較し、
赤みがうすい方を
もう一度湯につけ2分足します。

私はもっと上まで温めたいときは水色のバケツでやっちゃいます。
ふくらはぎまで温まります。

温まったあとは足どり軽やか。
心もほんわかしますよ〜









レッスン終了後、声をかけられました。


レッスンで私が歩くのを見て
「きれいな歩き方だなあ~どうやって歩いているのかなあ」と思って
自分でいろいろやってみたそうです。

その方は坐骨神経痛と腰痛があったのですが
そうしたらしばらくして痛みがとれたそうで!
思わぬ副産物。

うれしいです。
なによりご自分で考えて、やってみたところがステキ!
人の体はそれぞれ違うので、対処法がすべての人にあてはまるわけではありません。
自分のカラダは自分でつくる。
ビューティペルヴィスの理念でもあります。


↑このページのトップヘ