骨盤底筋!ヨガ&ペルヴィス   フローライトボディ

     効果的な骨盤底筋トレーニングが素敵な未来を連れてくる!やりたいことができる体、なりたい自分になるための大人のたしなみ。        骨盤底筋トレーニングヨガ認定講師、ペルヴィス®︎認定講師がお届けする心地よい毎日を過ごすための、健康・美容情報

シークレットな美人筋。それは骨盤底筋
三重県 鈴鹿市・津市・亀山市・四日市市でレッスン開催中

くわしい定期レッスン情報は公式サイト「flb35.com」に掲載しています。
下記リンクよりご確認ください。



2017/10

寒くなってきたので温かいお味噌汁が体にしみます。













5月に仕込んだお味噌
初めての挑戦です。 
友達に混ぜるだけの簡単セットを教えてもらいました。












約半年。できました!














初めてなので、

途中、これでいいのか?
できあがりもこれでいいのか?

と、疑問だらけだったのですが食べてみたらおいしいのでヨシとします。


発酵が続くとまた味が変化するようで、どうなるか楽しみに。

10キロ分仕込んだので、当分自家製味噌でいけるかな。


今度は本格的な味噌作り講習会などに参加したいと思います。



本屋さんで見つけた表紙の二人。













キュートなアラフィフ、石田ゆり子さん。
美STだけど菅田将暉さん。

同じ赤い表紙、同じ顔の角度の2冊の雑誌が並んでいて
思わず写真を撮ってしまいました。

美STの「美人は、筋肉」に同意。

11月のレッスン


お寺でお灸と骨盤調整第2弾!


11月11日  土曜 

10時〜12時30分

津市にある潮音寺さんhttp://chouonji.net/

でお灸とのコラボ講座をします!

定員6 名の予定

参加料金  特別価格 3000円
残席わずかです。お申し込みはお早めに。




鈴鹿市高岡台にある、 iの森でのレッスン予定です。

ビューティ・ペルヴィス

11月12日 (日)

・10時〜11時

・11時10分~12時10分


11月のアイの森でのレッスンは12日のみの予定です。


参加ご希望の方はご連絡ください。

体験レッスンの料金はお一人様1000円です。

メールアドレス

pelvi ※ live.jp

※を@に変えてください。

もしくはお問い合わせフォームをご利用ください。


毎週定期レッスン

月曜  ヨガ
スタジオfスタイル  11時10分〜12時10分

火曜 ビューティ・ペルヴィス
ジョイフィット鈴鹿 10時15分〜11時15分

水曜  ビューティ・ペルヴィス
アサヒ スポーツクラブ 13時55分〜14時40分

木曜 ヨガ
スタイルfスタイル 11時10分〜12時10分



グループレッスン・セミプライベート・出張レッスン承ります。

ご希望の日時、場所、ご予算等できる限りご要望にお応えします。
6名以下であれば、会場にアイの森をご利用いただけます。

例 3名様 お一人1500円

お気軽にお尋ねください。

image

急に冷え込み
昨日はやっと晴れたので冬物準備をしました。


さてペリネケア、聞いたことありますか?
 
フランスでは骨盤底筋のケアを
そう呼ぶそうです。











先日読んだ本


興味深く読ませてもらいました。

人間(女性)の体には10個穴があり、すべてケアが必要であるとのこと。

目や鼻が生殖器と関連するという話もあり、
私が学んでいる整体学と通じる所があって、おおーと思いました。


著書ではアーユルヴェーダ、オイルケアが推奨されていますが、
私はオイルが肌に合わないたちなので、そこは読むだけで実践せず。

骨盤底筋ケアに関しては賛同です。

先日のビューティーペルヴィスの研修でも、骨盤底筋のケアがとりあげられました。

なかなか触れにくい話ですが、大切なことなので広めていきたいと思います。











フレンテみえ主催の講座

「更年期を気持ち良く過ごすために」

に行ってきました。















この講座、エクオール検査を無料でしてくれたんですよ。
もう、それだけで参加する価値充分です!

自分でやろうと思うと、約4000円くらいかかります。




他にも貧血検査や骨密度も測ってくれました。

脚を鍛える体操や骨盤底筋の体操の話もありましたよ。

昨年鈴鹿市の更年期講座の運動編の講師をつとめたこともあり、

「そうそう!そうするといいですよね〜」と心の中で思っていました。

今後は更年期対策講座の講師も目指すべくさらに勉強していこうと思います。

お土産のなかに懐かしいファイブミニがありました。
今はどこで販売しているのかな〜



↑このページのトップヘ